自動車の事故に遭ったら行うこと

自動車の事故において、保険会社に連絡をすることになりますが、その前までにしておくことがあります。

自動車の事故に遭ったら行うこと

自動車の事故で保険会社に連絡するまでに行うこと

自動車に乗る機会としては、自宅においてプライベートでということと、会社において営業などでということがあります。どちらだから気を遣う、遣わないということはありません。どちらでも気を引き締めて行うことになります。ただし、運転している環境が少し異なります。自宅の近くという場合、住宅街などになります。常に自動車が行き来しているというところではありません。その代わり歩行者は多くなります。子供が遊んでいる様子も見かけることになります。その一方で会社の近くという場合、すぐに自動車がたくさん走っている道路に出ることになります。人よりも自動車のほうが多いという環境ということです。また、時間に追われるというところが違うかもしれません。

安全運転をしようというのは誰もが思うことです。でもちょっとしたタイミングのずれなどでトラブルになることがあります。もし自動車事故を起こしてしまったらどのようにすればよいでしょうか。常に気をつけているだけに、自分が起こすとは考えていません。余計に動揺してしまうということです。このときに順序を間違えてしまうと、あとで問題になることもあります。順序を考えて行動をしたいです。まず行うこととしては、けが人の救護です。自分が1人で興している場合はよいですが、けが人がいるなら、それが最初ということになります。救急車などの手配も行うことになります。そして忘れがちなのが二次災害の防止です。車上に車を止めていれば、他の車が来てしまいます。それらに巻き込まれないようにしなければいけません。

その次に警察への連絡をします。警察に関しては比較的早くきてくれます。状況を知らせることになります。さらには、目撃者を確認するようにします。自分自身に問題があるのか、相手に問題があるのか、そのほかに問題があるのかということです。それらの処理が終って、保険会社に連絡をするということになります。連絡をしたときにそれをするように言われるかもしれません。
おすすめ

Copyright (C)2016自動車の事故に遭ったら行うこと.All rights reserved.